天気予報

30

24

みん経トピックス

特集

エリア特集2017-01-26

【連載】SingaLOCALife vol.28 2017年 
【失敗からこそ学べる 海外事業の面白さ、難しさ】

「ビジネスをしやすい環境」のシンガポールには多くの個人事業主が在籍している。将来、ほかの国でもビジネス展開していくことを検討する人も多い。一方、海外で新事業を展開するに当たり、日本とは違うルールの連続に面くらい、失敗を重ねた人もあるかもしれないが、その失敗からこそ学ぶことが多いのも事実。
 
今回は、日本や香港での起業経験を経て、昨年からシンガポールでポケットwi-fiのレンタル事業を手掛ける「Yourwifi Pte LTD」CEOの古川智大さん(トムさん)に「失敗から学べる海外事業の面白さと難しさ」について話を聞いた。

 2回目のテーマは「海外でビジネスをする上での難しさ」。

 日本や香港での経験を経て当地に来たトムさん。最初の壁は、スタッフのマネジメント。シンガポールでローカルスタッフをマネジメントする際に厄介なのは感覚のズレ。「働き方に対するイメージ」が日本人と大きく違っていて、こちらの言ったことの真意を相手が理解できないことも多いので、食い違いも多く、苦労したというトムさん。 解決するために、相手と話して意思の疎通を図ることに徹底的に時間を割いた。結果、一人一人とじっくりコミュニケーションを取れたことで解決に導いたという。  同じく当地で苦労したのが、業者のいい加減さ。オフィス環境を整える上で外せないのがインターネットや電話。しかし、あらかじめ約束していた日時に業者が対応できず、結果的に10日間電話機もネットも使えない状態が続いた。しかし、ポケットWi-Fiレンタル事業を扱う職業柄、手持ちのポケットWi-Fiで危機をしのいだトムさん。 「業者が約束通りには動かないことを前提に、何が起きても良いように、用意周到に準備しておく、しっかりしたエージェントを選ぶことが大切」と話す。   また、当地同様に香港でも問題になったのがリビングコストの高さ。ご存じの通り、当地のレンタル料は(下がってきたとはいえ)高く、家賃代もバカにならない。

 11月には、相場が下がってきたのを見計らい、家賃の見直し及び事業をドライブさせる環境を整える為に、ラッフルズプレイスからクラークキーに移転。「無駄は徹底的に防ぐ努力は海外で事業をする上で外せないポイント」だと話すトムさん海外でビジネスをする際、難しさをうまく切り抜ける粘り強さと機転が求められるので、大変な局面もあるが、やはりワクワク感が先立つからこそ続けていけるのだという。


次回は「海外でビジネスをする面白さと次世代へのエール」。(秦野)
古川智大さんプロフィル  Yourwifi HK Founder&CEO Yourwifi Pte LTD CEO バニラックス合同会社 Partner 明治大学法学部在学中にIRベンチャー企業のマジカルポケットに参画。 インターンを含め210カ月のベンチャー企業経験を経てIRコンサルティングを手掛ける「バニラックス」に転職。20117月動画配信会社設立。 日本でのキャリアは、一貫して上場企業を対象とした法人営業。20134月、新規事業開発を目的として単身香港へ。2014Yourwifiを設立、wifiレンタル事業、ウィスキー(日本酒販売)、飲食店の事業再生に従事。20167月からビジネスの拠点をシンガポールに移し、Yourwifi Pte LTDを事業継承し現在に至る。

http://yourwifi.com.sg/

グローバルフォトニュース