天気予報

31

26

みん経トピックス

特集

エリア特集2017-01-05

【連載】SingaLOCALife vol.26 2017年 新春

  • 0

 2017年元旦。酉年酉(とり)年。皆さまみなさま、明けましてあけましておめでとうございます。さぁ、一年が始まります。今年はどのように過ごされますか。期待と希望、毎日が楽しみですね。素晴らしいシンガポールライフになりますように!シンガポール経済新聞/Singalocalifeは皆みなさまにお役に立つ情報、面白い情報、気になる人物など引き続きご紹介させていただきます。今年もよろしくお願いします。

 早速ですが、クリスマス、大みそかとお正月はいかがでしたか。例年に比べてクリスマスの飾り付けもそこまで豪華ではなかった昨年。例年、年末年始の仕事終わりも1231日の午後までで、仕事始めも12日からが多いのがシンガポール。ご存じの通りChinese New Yearの方が主です。今年は128日からです。すでに旅行、レストランの予約をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今年も飛躍的な年でありますように!ニューイヤーが2度訪れる感じが得した気分になりませんか?!

 さて、今年さらにシンガポールライフを楽しんでいただくための5つの提案があります。

(1) 3カ月ごとに周辺国にweekendtripの旅をする、1年で4カ国を制覇!

バタム、ビンタン、KL、ジョホールバル。バンコク、プーケット、ホーチミン、コタキナバル、ヤンゴン、コロンボ、セブ、アンコールワットなどなど。パースも近い!週末でアジア、オシアニアを体験!今はLCCもあり、手軽にお出掛けをおすすめします。他国に遊びに行きませんか?

(2) シンガポールのローカルマーケットを巡る

1階が生鮮食料品、2階がおいしいローカルフードが並ぶシンガポールのマーケット。週末活気があふれるマーケットでエネルギーを感じて楽しみませんか?

(3)新しい食、レストランにチャレンジしてみる。ホテルのランチビュッフェなども楽しい

駐在での最も楽しさを感じるのは食ではないでしょうか。シンガポールでは世界の食が堪能できて、比較的に高額ですが、おいしくて150ドル以下で楽しめるレストランは何百とあります。豪華なホテルブランチもありますが、毎週new foodにチャレンジするのもいいかも?

(4)シンガポールでスティケーションを楽しむ

セントーサ島でリゾートホテル、市内のホテルで週末を楽しむのが最近のトレンド。シンガポールを自宅ではない非日常な空間でゆっくりリラックス。

(5)レンタカーなどでシンガポールの東西南北を一周する

車を走らせて東西南北を見て全土を制覇!東京23区の面積のシンガポール、City Stateのシンガポール巡りに車を走らせませんか?

(株式会社 LA DITTA・シンガポール経済新聞代表取締役編集長小里博栄)

グローバルフォトニュース