天気予報

31

25

みん経トピックス

特集

インタビュー2017-07-29

【連載】Singa LocaLife vol 54 【おいしいそばをシンガポールでも~そばに懸ける人生】Vol3

数あるシンガポールの和食店の中でも人気店の一つが、人気漫画「美味(おい)しんぼ」にも登場した柴崎好範さんプロデュースのそば店「新ばし」。挑戦を続ける柴崎さんに「そばに懸ける人生」について聞いた。

島内では2店舗、シドニー、メルボルン、マレーシアにも「新ばし」をプロデュースしてきた崎さん。「海外にも日本そばを広める」べく挑戦を続けている柴崎さんにとって“そば”とは何だろう?

昔から庶民に愛されてきた大衆食なのに、高級料亭のメニューにも入っていて、あると何かホッとする・・・。日本で古くから培われてきた大切な文化であり、実に不思議な食べ物だと思う」

和食を現地向けにアレンジした結果、別物になってしまうこともよくあるが、柴崎さんは絶対そうしたくないと話す。「日本人に長く親しまれているそばを同じスタイルで食べてもらいたい。多少のアレンジは必要だが、別物にはしない。 例えば、ローカル向けに作った「サラダそば」も、彩は日本の店にはなかったものだが、味は絶対壊さない」

では、そばにかける信念とは?

「日本の店を閉じるとき、決意表明の張り紙をして“当分は戻れない”と思った。とにかく“日本(で食べる)より美味しい”の誉め言葉を頂くつもりでやっている。当店では定番のそばは勿論、そばを生かしたメニューも豊富。生粋の日本そばでほっとしたくなった人に満足して頂けると思う」

柴崎さんの挑戦はこれからも続く。

(シンガポール経済新聞 秦野理恵)

柴崎好範さん日本人の財産である「そば」に魅せられ、日本そのままの「そば」を広めたいと思い、約20年間海外でそば屋をやってきた、65歳のオヤジです。

グローバルフォトニュース