3密を避けて新しい生活様式へ!

セントーサで女子ビーチバレー国際大会‐浅尾美和選手も出場

昨年11月に行われたプーケット大会で試合中の浅尾美和選手

昨年11月に行われたプーケット大会で試合中の浅尾美和選手

  • 0

  •  

 セントーサ島シロソビーチで5月24日~27日、女子ビーチバレーの国際大会「SWATCH FIVB ビーチバレーボール・ワールドツアー2007シンガポール」が開催され、プロビーチバレーボーラーの浅尾美和選手も出場する。同大会がシンガポールで開催されるのは今年が初めて。

 会場は観光地としても有名なセントーサ島。シロソビーチに作られた特設スタジアムは5,000人を収容する。同スタジアムを含む試合・練習用コートには、今大会のため特別に輸入された砂が敷かれている。「ビーチに砂を新たに敷くというのは奇妙に聞こえるかもしれないが、これはワールドクラスのコートを選手たちに提供するため」と、トーナメント関係者は説明する。

[広告]

 ビーチバレーの北京オリンピック出場権は今年1月1日から来年7月20日までに開催された国際バレーボール連盟(FIVB)主催のワールドツアーの成績に基づいたランキング上位24チーム(1カ国最大2チーム)に与えられることもあり、各国から有力選手がエントリーしている今大会では熱戦が期待される。

 日本からは、浅尾美和選手・西堀健実選手ペア、浦田聖子選手・鈴木洋美選手ペアら5組が、本大会に先立ち23日に行われる予選から出場する。

 チケット料金は日によって異なり、24日=15~120シンガポールドル、25日~27日=、20~160ドル。全日共通券が70~400ドル。23日(予選日)=無料。

シンガポールビーチバレーボールワールドツアー2007浅尾美和オフィシャルサイト

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home