好みの具を選んで目の前で握ってくれる台湾風おにぎり専門店

健康的でポップなイメージを演出する台湾スタイルの持ち帰り用カウンターおにぎり専門店

健康的でポップなイメージを演出する台湾スタイルの持ち帰り用カウンターおにぎり専門店

  •  
  •  

 QQライスインターナショナル(7 Marine Vista #03-09)は8月7日、SC「プラザ・シンガプーラ」(68 Orchard Road)地下2階に台湾スタイルのおにぎり専門店「QQライス」のシンガポール2号店をオープンした。

 店舗面積は200平方フィート。持ち帰り用カウンターのみで、店舗デザインは淡い緑を基調とし、健康的でポップなイメージを演出している。

[広告]

 同店は店員が利用客から注文を受けた時点でライスを手に取り、ショーケースの中に並べられた具の中から利用客の好みに応じてスタッフが選んでいく仕組み。シンガポールのほか本拠地の台湾や香港、ニュージーランドでチェーン展開を行っている。

 同店で取り扱うライスは全部で5種類。五谷飯、紫米飯、ブラウンライス(=それぞれ3.2シンガポールドル)、小麦胚芽飯(=3.5ドル)、絶代双色飯=3.9ドル、2種類のライスの組み合わせ)。最初にライスを選び、5種類の具を選んでおにぎりを作る。

 具の種類は30種類。1号店の46種類に比べ、ローカル色を出して具の種類を厳選したという。海苔、キュウリ、セロリ、鮭そぼろ、じゃこなど。特にベジタリアン系の具に人気が高く、ゴボウや海帯素肉、皇帝菜といったものが良く売れているという。パープル・ライス・プリン、ミックスド・グレイン・プリン(共に1.8ドル)など、米に関したデザートも用意した。

 客層は学生や女性が主流。年齢層は幅広く、ランチタイムが最も混み合うという。ジェネラルマネージャーのティモシー・チョーさんは「今後はおにぎりだけでなく、米菓など米関連の商品全般を取り扱っていきたい。年末にはブギス地区への出店も決まっており、来年にはフランチャイズ展開を考えている」と話している。

 営業時間は、月曜~土曜=7時30分~22時、日曜=10時~22時。無休。

QQライス

  • はてなブックマークに追加