子ども向けコンセプト・カフェレストラン「ディズニーカフェ」-世界初出店

カフェ・レストラン「Disney Naturally」では、子供が主体となって注文から支払いができるシステムを採用

カフェ・レストラン「Disney Naturally」では、子供が主体となって注文から支払いができるシステムを採用

  • 0

  •  

 ウォルト・ディズニーのマーチャンダイズ事業部門、ディズニー・コンシューマー・プロダクツとシンガポールに本社を置くグローバル・ブランド・グループは12月10日、アンカーポイント・ショッピングモール(370 Alexandra Road)に世界初となるコンセプトの子ども向けレストラン「Disney Naturally(ディズニー・ナチュラリー)」をオープンした。

 約1,400平方フィートの店内は、ディズニーアニメが流れるスクリーン、ミッキーの顔をかたどったいすや手の形をした洗面所など全面にディズニーキャラクターを使用。40種類以上のメニューの価格帯は2.80~15.90シンガポールドル。カロリー控えめのヘルシーな子ども向けピザ、パスタ、スープ、ジュース、デザートなどを提供している。

[広告]

 同店のターゲット層は、子ども連れの家族。現金での支払いはなく、事前購入したプリペイドカードを子どもたちが管理し、自ら料理を選び、注文、支払いを行う方式を採用しているのが特徴。料理が提供されるまでの過程やお金の価値を子ども自身が実践で学べるようになっている。

 グローバル・ブランド・グループ社は、国際サッカー連盟(FIFA)、アジア・パシフィック地域のウォルト・ディズニー社など、国際的なブランドのライセンス権をもとに事業を展開する国際企業で、世界14カ国にオフィスを構える。

 今回のコンセプト・レストランについて、同社の広報担当レイ・パスカルさんは「シンガポールの消費者はディズニーキャラクターに対して非常に高い関心を持っている。従って、この店をオープンするにはうってつけの場所だった」と話し、来年以降は同様のコンセプトショップをアジア各国へ出店することも検討しているという。

 営業時間は10時~22時。

  • はてなブックマークに追加