有名レストランで活躍したソムリエがビストロ開く-友人シェフとコラボ

カジュアルなフランス料理が楽しめるビストロ「Le Bistro du Sommelier」。予算に合わせた幅広い価格帯のワインも提供

カジュアルなフランス料理が楽しめるビストロ「Le Bistro du Sommelier」。予算に合わせた幅広い価格帯のワインも提供

  •  
  •  

 シンガポールで有名なイタリアンレストランIL LIDOなどで活躍していたフランス人ソムリエが5月15日、ワインを主体にカジュアルなフランス料理を楽しむビストロ「Le Bistro du Sommelier(レ・ビストロ・ドゥ・ソムリエ)」(46 Prinsep Street、TEL 6333-1982)をオープンした。

ユニークなレストランやバーが入居するショップハウスが立ち並ぶプリンセップストリートに位置する同店は、シェフが描いた壁画が店内一面を飾り、建物のクラシックな雰囲気とヨーロッパのテイストを融合させて独自の個性を造り上げている。

[広告]

 2階建ショップハウスの店内は1,500平方フィート。1階26席、2階は36席。店の前に広がるアルフレスコは、800平方フィートで26席を設ける。2階は立食で250人を収容でき、ワインテイスティングやパーティーなどで使用できる。

 同店オーナーでソムリエのマクシミリアン・フェドキューさんは、シェフのマイケル・チェーンさんとは10年来の友人。今回は2人の共同制作として、ワインを楽しむためのメニューを作成したという。料理の価格帯は、前菜=14ドル~22シンガポールドル。「お勧め」(同店)は、フランス風ピザメニューの1番目にある「Saint Jacques(帆立)」。料金は7インチ=14ドル、11インチ=22ドル。セットランチは、アペタイザー、メーン、デザートの中から2品を選ぶ2コースがあり各28ドル。

 ワインは60~120ドル、120~200ドル、200ドル以上の3カテゴリーに分かれており、予算に合わせて好みのワインが選びやすいように工夫されている。グラスワインは、オーナーが選ぶ本日の「お勧め」を12~18ドルの価格帯で提供している。

 マクシミリアンさんは「マイケルの料理にほれ込んでいて、この店のためにプロバンスから呼び寄せた厳しい目で選んだ最上のワインを卸売価格で提供し、価格を抑えた伝統的なフランス料理とともに気楽に飲んで食べられるコンセプトにした。最高の料理と最適なワインのコラボレーションを楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は、ランチ=12時~15時、ディナー=18時~23時30分。土曜日のランチと日曜日は終日定休。 

  • はてなブックマークに追加