シンガポールに初の日本式漫画喫茶-日英中の日本コミック17,000冊

プリンセットストリートにオープンした「MANGA KISSA 漫画茶坊」の店内

プリンセットストリートにオープンした「MANGA KISSA 漫画茶坊」の店内

  •  
  •  

 レストランやバーが入居するショップハウスが立ち並ぶプリンセットストリートに8月16日、シンガポール初となる日本式の漫画喫茶「MANGA KISSA 漫画茶坊」(40 Prinsep Street、TEL 6337-1747)がオープンした。

 店舗面積は180平方メートルで、席数は30席。インターネットスペース9ブースを設けたほか、2台のプレイステーションを設置。約13,000冊の日本語コミックと約4,000冊の英語・中国語の翻訳版コミック、計17,000冊以上をそろえる。

[広告]

 料金形態は1時間5シンガポールドルで、以後30分ごとに2.5ドル。コーヒー、紅茶、水がセルフサービスで自由に飲めるほか、マッサージチェア(7ドル)、インターネット(7ドル)、ゲームブース(10ドル)なども利用できる。

 同店を経営するエクシードワンのオペレーションマネージャー、スン・ジャオフイさんは「歴史や食に至るまでテーマが幅広く、ストーリー・イラストのクオリティーともに高いのが日本のコミックの特徴。東南アジアでは幅広い層が興味を持っており、これからもニーズが増えるだろう。他には見られないこの文化をシンガポールで広めていきたい」と意気込みを語る。

 今後、今回オープンした店をアンテナショップとし、シンガポールでの市場動向をリサーチしながらさらに出店数を増やしていきたいという。

 営業時間は、日曜~木曜=11時~23時、金曜・土曜・祝日=11時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加