3密を避けて新しい生活様式へ!

星の日産代理店、「ムラーノ」新モデル発表―国内SUVシェア25%目指す

新型「ムラーノ」を披露するタンチョン・モーターのジョゼフ・オン・マネージング・ディレクター

新型「ムラーノ」を披露するタンチョン・モーターのジョゼフ・オン・マネージング・ディレクター

  • 0

  •  

 シンガポールにおける日産の正規代理店「タンチョン・モーター・セールス」は11月20日、オールド・ターフ・クラブ(32 Turf Club Road)で高級SUV車「ムラーノ」の新モデルを発表した。

 今回発表された新モデルは、曲線を描いた外観、居心地の良さを追求した内装、11のスピーカーを装備した音響システムなど旧モデルに比べて高級感を増しているのが特徴。サスペンションやステアリングの性能向上により、快適でなめらかなドライビングパフォーマンスを実現している。さらに燃費性能も向上しており、石油価格が高騰している経済状況からも注目されている。

[広告]

 発表会では、黒、シルバー、ダークブルーなど7色の新モデルを披露し、メディア関係者を中心に約100人が集まった出席者に試乗させるなどして、同車の乗り心地と性能をアピールした。

 COE(車両購入権)が大幅に値下がりしていることも踏まえ、同社では現在販売している日産の一般乗用車13車種と合わせて市場を拡充していく構え。同社販売部門のロン・リムGMは「従来のムラーノでシンガポールにおけるSUV車市場で25%のシェアを達成しており、新モデルでも同様のシェア獲得を目指している。今回発売した排気量3500ccのモデルに加え、来年にはさらに2500ccのモデルも取り扱う予定であり、目標シェアの獲得はそれほど困難なことではない」という見解を示した。

 価格は、COE込みで13万2,500シンガポールドル~。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home