日本スタイルの漫画喫茶、オーチャードに移転-無料開放プロモも

オーチャード・ロードに移転した「MANGA KISSa 漫画茶坊」

オーチャード・ロードに移転した「MANGA KISSa 漫画茶坊」

  •  
  •  

 シンガポール初となる日本式の漫画喫茶として昨年8月に開業した「MANGA KISSa 漫画茶坊」(321 Orchard Road, #04-01/02 Orchard Shopping Centre、TEL 8420-1435)が8月1日、オーチャード・ロードに移転して再オープンした。 同店は今年5月から一時閉店していた。

 新店舗の面積は1,200平方フィートで、席数は約30席。前店舗と同様、約13,000冊の日本語コミックと約4,000冊の英語・中国語の翻訳版コミック、計17,000冊以上をそろえる。ほかにもパソコン6台、プレイステーション2台、マッサージチェアなどを設置。

[広告]

 料金は1時間6シンガポールドルで、以後30分ごとに2.5ドルが加算される。コーヒー、紅茶、水をセルフサービスで自由に飲めるほか、マッサージチェア、インターネットは無料で利用可能。プレイステーションは30分ごとに1.5ドルが加算される。前店舗での会員証もそのまま使用できる。再オープンから1週間は、入店料を含むすべてのサービスを無料で提供するプロモーションを行い、多くの利用客でにぎわった。

 同店を経営するアイ・ランド・ウェイ・シンガポールのスン・ジャオフイ・ディレクターは「お客さまの利便性を考えて、オーチャード・ロードの中心にあり、駅からも至近な立地に移転した。漫画やサービスは前店舗とほぼ同じものを用意しているので、これまで通りに利用してほしい」と話す。「お客さまからの需要が高まれば出店数を増やしていきたい」とも。

 スンさんによれば、同店の会員数は日本人よりもシンガポール人の方が多いが、日本人客のリピーター率が高いため、利用者数ベースでは日本人客が全体の8割程度を占めているという。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加