リゾート・ワールド・セントーサ、20日ホテル先行開業へ-カジノ・USSは後発

1月20日にオープンするホテルのひとつ「クロックフォーズ・タワー」のヴィラルーム © Resorts World Sentosa

1月20日にオープンするホテルのひとつ「クロックフォーズ・タワー」のヴィラルーム © Resorts World Sentosa

  •  
  •  

 カジノを含む総合リゾート施設(IR)「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」は1月20日より、同施設内のホテル営業を開始することを発表した。

 開業するのは「フェスティブ・ホテル」「ハードロック・ホテル・シンガポール」「クロックフォーズ・タワー」「ホテル・マイケル」の4ホテル。客室数は合計1,350室で、ホテル内のレストラン10店も同時にオープンする。「フェスティブ・ホテル」「ハードロック・ホテル・シンガポール」では、関係者を対象とした仮営業を1月5日から開始している。

[広告]

 カジノや「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)」については、シンガポール政府による営業認可待ちの状態となっているが、RWSでは当初の計画通り、今年第1四半期内の開業を予定している。ホテルだけの先行オープンについて、地元旅行業界などからは「時期尚早では」と疑問視する意見も出ているが、RWS関係者は「オープンを待望する声は大きく、シンガポール初のIRを最初に体験したいという人々は多い」と強気の姿勢を見せている。

 来月2日~7日にはチャンギ・エキシビジョン・センターで東南アジア最大規模の航空イベント「シンガポール・エアショー」が開催されるほか、同14日には中国正月を迎えるため、多くのビジネス客や観光客がシンガポールを訪れると見られており、RWSの関係者は「客室やファンクションルームの需要が予想される」としている。

 ホテル予約は、TEL 6577-8899またはRWSウェブサイトで受け付けている。

  • はてなブックマークに追加