シンガポールの歴史的港湾地区を再開発-「フラトン・ヘリテージ」

マリーナベイの旧港湾歴史地区を再開発し、新たな複合商業地区に生まれ変わった「フラトン・ヘリテージ」。左から、「カスタムズ・ハウス」「フラトン・ベイ・ホテル」「クリフォード・ピア」

マリーナベイの旧港湾歴史地区を再開発し、新たな複合商業地区に生まれ変わった「フラトン・ヘリテージ」。左から、「カスタムズ・ハウス」「フラトン・ベイ・ホテル」「クリフォード・ピア」

  • 0

  •  

 マリーナベイ地区にある歴史的建造物を再開発した商業施設「カスタムズ・ハウス」(7 Collyer Quay)が7月7日、オープンした。東西貿易の拠点として栄えたシンガポールの面影を残す、港湾関連施設や歴史的建築物で構成される「フラトン・ヘリテージ」地区の再開発事業の一環。同地区の再開発を手掛けるのは、香港の不動産開発大手Sino(信和)Land社。

 2階建て、床面積9,000平方フィートの旧港湾税関警察の建物を利用した同施設は、旧施設の特徴を生かすために改修工事の割合を30%程度にとどめる一方で、コンクリートの壁をガラス窓に変えたり、ファサードを前後各2メートル内側に後退させて遊歩道を作ったりするなど、現代的な要素も加えた設計が特徴。1階にはキューバ風カジュアルバー「Neuva Cuba」、フレンチスタイルのシーフード料理&バー「Oyster Bar」、イタリア料理店「Procacci」、2階は日本食レストラン&バー「Kinki」が入居しており、全店とも同日から営業を開始した。

[広告]

 「フラトン・ヘリテージ」は、金融・ビジネス街のラッフルズ・プレースに隣接し、対岸にはカジノ総合リゾート「マリーナベイ・サンズ」を望む敷地面積約140万平方フィートの再開発地区。旧中央郵便局を改装して2001年に開業した「フラトンホテル」をはじめ、大型船に飲料水を運ぶ小船の発着所を改装した「フラトン・ウオーターボート・ハウス」、マーライオン・パークに隣接した「ワン・フラトン」、船着場を改装した「クリフォード・ピア」などで構成されている。「カスタムズ・ハウス」が開業した翌8日には、同施設に隣接した高級ホテル「フラトン・ベイ・ホテル」もオープンした。

 同地区を管理・運営するフラトン・ヘリテージ社のジョヴァンニ・ヴィテラーレGMは「シンガポールは小さく若い国だが、優れた歴史的遺産が存在しないわけではない。古き良きものを大切にしながら、シンガポールがこれからも発展を続けていき、ワールドクラスの都市となる手助けをしていきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加