3密を避けて新しい生活様式へ!

「クール・ジャパン・フォーラム」開幕-AKB48東南アジア初ライブも

Cool Japan Forumに出場の秋元康さん。

Cool Japan Forumに出場の秋元康さん。

  • 0

  •  

 11月12日午後、AFA X「アニメーション・フェスティバル・アジア」開催を翌日に控え、関連イベント「クール・ジャパン・フォーラム」が開幕した。日本のポップカルチャーを代表するゲストなどが集まり各種スピーチなどが行われている。

 Danny Chooさん(セレブリティ・ブロガー)の「マイ・クール・ジャパン」、中西豪さん(キングレコード・プロデューサー)の「Japanese Animation Business and future with Asia(日本のアニメ産業とそのアジアにおける未来)」、大浜史太郎さん(ゼイウェル社長)の「東京ガールズコレクション-A brand new event in fashion industry(ファッション業界の最新イベント)」、秋元康さん(作詞家)の「AKB48-A New Format of Idols(アイドルの新フォーマット)」などのスピーチがイベントを盛り上げる。

[広告]

 同イベント終了直後にはAKB48ライブを予定。秋元さんは自らのスピーチ内で「AKB48のデビューは2005年12月8日、秋葉原のドンキホーテにあるステージだったが、当時は人気がなく250人の収容人数に来客はたった7人だった」と話し、「完成されたステージを楽しむものではなく、一人ひとりの少女が女性に成長していくさまを目撃する、それを一緒に応援するもの」とAKB48の独自性を話した。

 直前のAKB48のメディアインタビューでは「メンバーが大勢いることのメリット・デメリット」に関する質問について、メンバーの一人は「大勢で楽しくいろいろな所に行けるのがメリットで、みんなで分けるお菓子が少ないのがデメリット」と答えた。「海外で公演するときはいつもその地ならではのイベントを仕組んでいる。シンガポールでは何が出るかお楽しみに」とも。

 シンガポールに初登場したAKB48メンバーの様子は当サイト「フォトフラッシュ」で確認できる。

Stay at Home