ジェットスター、シンガポール~大阪間に直行便-11月1日から運航開始

シンガポール~大阪間に就航するエアバス「A330」

シンガポール~大阪間に就航するエアバス「A330」

  •  
  •  

 LCC(格安航空会社)の「ジェットスターグループ」が7月17日、大阪(関西国際空港)~シンガポール路線直行便の航空券を発売した。

 同社は現在、大阪~シンガポール間ではジェットスター・アジア航空が運航する台北またはマニラ~シンガポール路線と接続する形で運航する。今回の直行便は11月1日に就航予定。週3便運航し、大阪ではジェットスター国内線と、シンガポールでは「シンガポール~ダーウィン(オーストラリア)路線」と接続する予定。大阪~シンガポール路線はエコノミークラスとビジネスクラスを備えるエアバス「A330」で運航し、料金は、エコノミークラス=1万円~(310シンガポールドル~)、ビジネスクラス=6万円~(970ドル~)。シンガポール~ダーウィン間はエコノミークラスのみの「A321」で運航する。

[広告]

 同社グループのジェーン・フルドリチカCEOは「われわれはお客さまの選択肢を増やすことに注力し、既存ネットワーク上の点と点を結ぶ機会を常に模索している。今回の新路線は、今月3日に日本国内線を就航したことを契機に日本市場で存在感が増しているジェットスターグループのネットワークをうまく活用することができた」と話す。「シンガポール~大阪路線はオーストラリアとシンガポールからのインバウンド旅行者にとって日本を満喫するためにとても利便性の高い選択肢となる。この路線拡充がシンガポールやダーウィンへのアウトバウンド旅行者の増加につながることも期待している」とも。

 就航曜日は、ダーウィン~シンガポール~大阪路線=木曜・金曜・日曜(12月17日以降月曜も運航)、大阪~シンガポール~ダーウィン路線=月曜・金曜・土曜(12月17日以降は火曜も運航)。

  • はてなブックマークに追加