食べる

シンガポールで東南アジア初の「街コン」開催へ―日本食レストラン参加

今回街コンに参加する「活けいけ丸」の薄裕之店長

今回街コンに参加する「活けいけ丸」の薄裕之店長

  •  
  •  

 フードニュースを配信するフードリンク(東京都中央区)のシンガポール法人は2月25日、シンガポールで東南アジア初の「街コン(MACHICON)」を開催する。

 「日本食が海外で注目を浴びていることで日本の外食企業の海外出店への意欲が高まっている。アジアでは特にシンガポールへの出店意欲が高くなっていることから、外食マーケティングを手掛ける当社もシンガポール法人を設立した」と話すのは同社社長の安田正明さん。「日本食はシンガポールの人から見るとまだまだ高額な食べ物。しかし、日本でリーズナブルなイタリア料理が食べられるように、シンガポールでもカジュアルで肩肘張らずに食べられる日本食を紹介したいと考えている。今回の街コンも日本食とコラボさせることで、シンガポール人の若者にカジュアルに日本食を楽しんでもらうことを目的にしている」という。

[広告]

 街コンは2004年から日本各地で開催される大規模な出会い演出イベント。今回はボート・キー、クラーク・キー、ロバートソン・キーエリアにある9店舗の日本食レストランが参加し、うち3店舗をまわることができる。「今後参加者数の増加に応じて参加店舗も増える可能性がある」という。

 「東南アジア初の街コンをシンガポールで開催することをとても楽しみにしている。日本から参加する方々にもシンガポールの文化や人々について体感し学ぶ機会にしていただきたい」と安田さん。「日本食を通じて男女の出会いの場を演出することで、シンガポールの少子化対策にも貢献できれば。最終的にはアジアの他の国々でも街コンを展開していきたい」とも。

 開催時間は18時30分~22時30分。参加費は男性=150シンガポールドル、女性90ドル(アーリーバード価格は男性=100ドル、女性=60ドル)。申し込みは参加店舗またはホームページで受け付ける。参加店舗はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加