チャンギ空港、「世界一の空港」に-世界空港ランキング総合1位受賞

World Airport Awards 2013で「World's Best Airport」賞を授与されるチャンギ空港グループのリー・ショウ・ヒャンCEO &copypoint-of-views.ch

World Airport Awards 2013で「World's Best Airport」賞を授与されるチャンギ空港グループのリー・ショウ・ヒャンCEO ©point-of-views.ch

  •  
  •  

 シンガポールのチャンギ空港は4月11日、イギリス・ロンドンの調査会社「SKYTRAX(スカイトラックス)」による2013年世界空港ランキングで総合1位を受賞し、「世界一の空港」の称号を与えられたことを発表した。

 同賞を受賞するのは2010年以来4度目。以下、2位=仁川国際空港、3位=アムステルダム・スキポール空港、4位=香港国際空港、5位=北京首都国際空港と続く。スカイトラック社のエドワード・プレイステッド会長は、同賞受賞に際し、「チャンギ空港は世界の人気空港の一つとしての位置を確立した。チャンギ空港は業界内でもリーダーでありイノベーター。それが過去14年間にわたってトップ3にランクし続けている要因」と祝辞を述べた。

[広告]

 併せて「Best Airport in Asia」「Best Airport for Leisure Amenities」の2賞も獲得。「レジャー・娯楽施設の設備は突出しており、最大の顧客満足を確保している。チャンギ空港は昨年初めて5000万人以上が利用した。利用客を魅了するだけでなく、世界有数のハブ空港の一つとしての地位を維持し続けていることに注目したい」と同会長。

 チャンギ空港グループのリー・ショウ・ヒャンCEOは「『世界一の空港』という称号を再び獲得できたことはチャンギ空港にとって計り知れない名誉」と喜びを語る。「当空港の協力的かつスムーズなオペレーション体制のバックボーンにあるのは、乗客中心主義と3万2000人以上の空港スタッフの情熱。彼らのおかげで乗客のニーズに焦点を当て、年間を通して空港での最高体験を提供し続けることができていると確信している。空港スタッフと彼らのサービスに信頼を寄せる利用客の皆さんに感謝したい」とも。

  • はてなブックマークに追加