星の伊勢丹でジャパニーズスイーツイベント-初進出ブランド11店

『KAWAII』をテーマにしたイベントのイメージ

『KAWAII』をテーマにしたイベントのイメージ

  • 0

  •  

 ジェイアール東日本企画(東京都渋谷区)は3月14日から、伊勢丹ジュロンイースト店(3 Gateway Drive)で日本のスイーツを紹介する企画「Japanese Sweets Collection ~Debut in Singapore! Japan’s Favorite Sweets!!~」を開催する。

 今回はパティスリー・サダハル・アオキ・パリ(東京都大田区)の「マカロン」、八天堂(広島県三原市)の「冷やして食べるくりーむパン」、辻利兵衛本店(京都府宇治市)の「うじ抹茶生チョコレート」、マキィズ(兵庫県神戸市)の「生チョコロール」など、シンガポール初進出のスイーツブランド11店が出展。併せて、東南アジアでは未発表のキャラクター「ブクブクアワー」を起用し、キャラクターグッズ販売なども行うという。

[広告]

 「最先端の日本らしさを見て、食べて、楽しむことができるイベントとして『KAWAII』をキーワードに構成を考えた」と話すのは同社の高瀬さん。「シンガポールにおける日本文化やコンテンツの可能性を検証し、東南アジア進出を推進できれば」とも。

 開催時間は10時~20時(金曜・土曜は21時30分まで)。今月23日まで。

Stay at Home