シンガポールで七夕の夜に街コン-少子化対策と日本料理の普及目的に

前回開催の様子

前回開催の様子

  • 0

  •  

 外食産業専門広告代理店「フードリンク」(東京都中央区)のシンガポール法人は7月7日、リャンコート(177 River Valley Road)で「街コン・シンガポール(MACHICON)」を開催する。

 同イベントは、日本各地で2004年から開催されている大規模な出会い演出イベントのシンガポール版。第1回は昨年2月25日に開催。マリーナ・ベイ・サンズが見えるリバー・バリー沿いの日本料理店9店舗で行い、260人の男女が参加した。第2回は同年7月15日にオーチャード近辺の9店舗で開催し、200人の男女が参加した。

[広告]

 3回目となる今回は、「外食産業が少子化に悩むシンガポールでの出生率アップに貢献し、現地の若者にシンガポールの日本料理店に興味をもってもらいたい」と、シンガポール人の若者を対象に開催。参加者はリャンコート内の12店舗の中から3店舗を選んで飲食し、日本の料理を食べ歩きながら交流を楽しむことができるという。

 参加レストランは、「Shin Yeh」「Shakey’s Pizza」「Kensai Kitchen」「Trung Nguyen Caf?」「Okinawan Diner ニライカナイ」「やよい軒」「漁師寿司 活けいけ丸」「サイゼリヤ」「豚骨火山らーめん」「Dulcet & Studio」「たも屋」「TANYOTO」の12店舗。日本の「七夕」をモチーフとした催事イベントとして開催する。

  開催時間は18時30分~22時。参加費は、男性=80シンガポールドル、女性=65ドル。男女共に定員は120人。チケットはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加