星の恒例大規模アニメフェスが拡大-人気アニソン歌手招きコンサートも

  • 0

  •  

 「サンテック・シンガポール・コンベンション&エキシビション・センター」(1 Raffles Boulevard)で12月5日~7日、アジア最大級のジャパニーズ・ポップ・カルチャーの体験型祭典「アニメ・フェスティバル・アジア(AFA)2014」が開催される。

 「電通」、「Zepp Live Inc,」、シンガポールを拠点とするオーガナイザーの「SOZO」が、ASEANで日本のコンテンツに関するマーケティングサービスを提供する「Crooner」をパートナーに迎え共同開催する同イベント。昨年は150以上の展示者を集め、多くのコスプレーヤーを含む約8万人の訪問者が来場した。今年は、コンサート、展示会、メーンステージでのアクティビティーの3本柱を主に、3日間のイベントを盛り上げる。

[広告]

 7年目の今回は、会場面積を1万2000スクエアメートルへと前回よりも約50パーセント拡大し、過去最大級規模のフェスティバルとなる。昨年大成功を収めた「I Love Anisong アニソン大好き」コンサートを受け、今年も「I Love Anisong Mega Anime Music Festival」を開催。すでに藍井エイルさん、FLOW、fripSide、GARNiDELiA、DJ Kazu、LiSAさん、May'nさん、やなぎなぎさんの8組のアーティストが出演決定しており、歴代人気ソングや最新のアニメテーマソングを披露する。

 同イベントのエグゼクティブ・フェスティバル・ディレクターでSOZOの創設者であるShawn Chinマネジメント・ディレクターは、「J-Waveの波がまた再来し、アニメやJポップの人気が高まりつつあると感じる。東南アジアのファンに向けて、最大級で業界トップ品質のJポップカルチャーを届けることができうれしい」と話す。

 「I Love Anisong アニソン大好き」コンサートのチケットは、3デイズ・パッケージ=398シンガポールドル(11日正午以降は428ドル)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home