買う

「シンガポール・ギフト・ショー」 企業向けオリジナル商品多数

サンテックで行われている「シンガポール・ギフト・ショー」

サンテックで行われている「シンガポール・ギフト・ショー」

  •  
  •  

 サンテックコンベンションセンター(1 Raffles Boulevard)で6月29日、企業向け展示会「シンガポール・ギフト・ショー2016」が始まった。

オリジナルのレゴをデザインする企業も

 2006年から開かれている同展は今年で11回目。シンガポールを中心に、マレーシア、タイ、インドネシアなど112の企業がブースを出展している。企業向けのノベルティーグッズやオリジナルデザインなどを提案し、文具やカバン、アクセサリーやせっけんなど多様な商品をそろえる。

[広告]

 「Minifiglabs(ミニフィグラブス)」は、さまざまな企業の制服をデザインしたオリジナルのレゴを製作し、シンガポール経済開発庁(EDB)やシンガポール航空、SG50のロゴデザインも手掛けた実績がある。「当社の高いプリント技術で細かなデザインでも小さなレゴに印刷できる。パッケージも複数種類あり、キーホルダーへの加工も可能」と同社R&Dのゴードンさんは話す。

 シンガポールらしいデザインで雑貨を展開する「NOW&THEN」は、新しいシンガポール土産として観光地のギフトショップで商品を販売している。同社マネージングディレクターのフランキーさんは「人気があるのはプラナカンデザイン。シンガポールのHDBやショップハウスをデザインしたマグカップも人気」と話す。

 開催時間は11時~18時30分。入場無料。受付で名刺の提示が必要。7月1日まで。

  • はてなブックマークに追加