天気予報

30

25

みん経トピックス

星で「タイプ-サム」星で「ぐでたま」人気

シンガポールで「美食倶楽部」 和食など現地のおいしいもの食べ歩き

シンガポールで「美食倶楽部」 和食など現地のおいしいもの食べ歩き

「美食倶楽部(くらぶ)」発起人の一人 「四川飯店」菅谷勇喜料理長

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポール島内のおいしいものを食べ歩く「美食倶楽部(くらぶ)」の今年最初の会が、3月2日にボート・キーの「和牛居酒屋にくづき」(48 Boat Quay 049837 Singapore)で開催される。

 当地のおいしいものを50ドル以内で食べ歩くことを目的に、ミシュラン2つ星を受賞したマンダリン・オーチャードホテル「四川飯店」料理長の菅谷勇喜さんとLA DITTAの小里博栄社長が発起人となり、昨年設立された同会。前回は昨年ロバートソン・キーの和食店で行われ、18人が参加した。

 参加者からは「単純においしいと言うシンプルな取り組みで、参加が毎回楽しみ。仕事の会食が多いけれど、家族との会食、友人との会食、県人会などとは全く違うアットホームな感じ。この会で新たな人とつながり、その方が経営するお店の常連になるケースも。ご縁に感謝している」「毎回、初めて参加する人も結構いるので、初心者でもすぐになじめる雰囲気で楽しい」などの声が聞かれる。

 今回の募集人数は16人。開催時間は19時30時~。登録費は20ドル。参加費50ドル(アルコール含まず)。申し込みは電話(TEL 65-8522-4150)、またはSMSで受け付けている。

グローバルフォトニュース