天気予報

31

27

みん経トピックス

星で「ぐでたま」人気短 星でアルビS開幕戦勝利

被災地をもっと身近に 2月26日に被災地報告会「あれから6年…」と 福島マーチングバンド映画「MARCH」上映会

  • 0
被災地をもっと身近に 2月26日に被災地報告会「あれから6年…」と 福島マーチングバンド映画「MARCH」上映会

サポーターちょんまげ隊・ツノダヒロカズさん

写真を拡大 地図を拡大

 明日2月26日、シンガポール日本人会館ボールルーム (120 Adam Road, Singapore 289899)で、被災地報告会「あれから6年…」と映画「MARCH」の上映会が行われる。

 同作品は、原発30キロ圏内の福島の小中学生によるマーチングバンド「Seeds+」が、避難をしながら練習できる機会をつくり、全国大会に出るまでのドキュメンタリーを描いたもの。福島の原発の現実、明るい未来といまだ残る問題の明暗。その現実の中で頑張っている子どもたちの姿を描いており、台湾、アメリカでも上映され多くの人の心をつかんだ。

 今回の会で語り部を務めるのは、「ちょんまげ隊長」こと、ツノダヒロカズさん。サッカー日本代表のサポーターとして、ブラジルやヨーロッパなど世界各地へ、ちょんまげと甲冑(かっちゅう)を身にまとい、応援に行っていたというツノダさん。東日本大震災をきっかけに、被災地の現状の話を自分の行く先々でできたらと思い、語り部としての活動をスタート。既に240回、世界各国で話をしている。

 ツノダさんは「シンガポールとの縁は、2年前の2015年に、シンガポールで福島の報告会をした時から。今回は、福島で震災にめげず、夢を諦めずに頑張るマーチングバンドの小学生たちを紹介したい」と語る。

 さらに「今回の作品は半年以上にわたって制作した、いまだ復興途中の福島の現状や明暗、マーチングバンドの全国大会に出るまでの記録を収めている。夢を諦めなかった子どもたちの姿、音楽の力を見届けていただければ。また、皆様には、ぜひ「見る支援」「伝える支援」の部分を担っていただければと思う。海外では福島を「死んだ町」と表現するメディアもあると聞くが、決して死んだ町ではない、そこで頑張っている人たちのことを見てもらいたい」と意気込んだ。

 会場は15:30分、講演・上映会は 16時~17時30分。入場料は、大人10ドル 、高校生以5ドル 、未就学児は無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

開催場所のシンガポール・ナショナル・スタジアム
[拡大写真]

アクセスランキング