暮らす・働く

星でアートショー 最初に売れた作品は10歳の少年による絵画

「RAINBOW」を描いたルーカス・ヨー・タイシュン君

「RAINBOW」を描いたルーカス・ヨー・タイシュン君

  •  
  •  

シンガポールのArt House Singapore(1 Old Parliament Lane, Singapore 179429)で2月23日~25日、「Tatini's Art Show」(タティニー・アート・ショー)が行われ、60点ほどの「Affordable Art(手軽に買えるアート)」が展示販売された。

THE ARTS HOUSE

 アートなどのネット販売を手掛けるルビー・グプテさんが、一般の客にもギャラリーで商品を見てもらおうと開いた同展。油絵が中心で価格帯は250~3,800シンガポールドル。

[広告]

 ルビーさんは「アートは手が届かない、高いというイメージを持たれがちなので、この活動を通じて、より多くの人に気軽にアートに接していただきたい」と話す。

 今回、最初に売れた作品は10歳のルーカス・ヨー・タイシュン君の作品「RAINBOW」。ルーカス君は「人間の人生をイメージして描いた。色一つ一つが人生におけるさまざまな感情」と説明し、「買ってもらって本当にうれしい。この絵が誰かの家で飾られるのは想像していなかった。また次の作品を頑張りたい」と話した。

  • はてなブックマークに追加