天気予報

30

26

みん経トピックス

星で酒イベント開催シンガポールはインフラ1位

星でワールドグルメサミット受賞式 日本人ソムリエも受賞

  • 0
星でワールドグルメサミット受賞式 日本人ソムリエも受賞

トロフィーをかかえ、笑顔の川合さん

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールのOne Farrer Hotel &Spa(1 Farrer Park Station Rd, Singapore 217562)で3月27日、「ワールドグルメサミット」の受賞式が行われた。21回目を迎える同サミット。今年のテーマは「United Nations」で、さまざまな国の飲食関係者が受賞した。

WGS 2017

 自薦・他薦でエントリーを受け付け、一般投票や食の世界のプロなどによる選考を経た数人がノミネートされ、最終的にそこから選ばれた受賞者が発表されるもの。

「Chef of the Year」=ミシュラン2つ星のフレンチ「Odette」のJulien Royerさん、「Executive Chef of the Year」=「Marina Bay Sands」のChristopher Christieさん、「Asian Cuisine Chef of the Year」=「Punjab Grill」のJavedAhamadさん、「Asian Restaurant of the Year」=インドネシア・バリ島「Mozaic」などが選ばれ、各国から多彩な顔ぶれとなった。

日本からは、昨年に続きノミネートされたシンガポールのワインバー「La Terre」の川合大介さんが「ベスト・ソムリエ賞」を受賞。川合さんは「昨年はノミネートされたが、受賞は逃してしまったので、今年は絶対取りたいと思い、ずっと努力を続けてきた。今までの努力が報われたことが、とてもうれしい」と笑顔を見せた。

「この仕事が大好きで、とても誇りをもって取り組んでいる。ソムリエの世界にはさまざまな賞があるので、取れるものはどんどん取っていきたい」とも。

グローバルフォトニュース