天気予報

30

26

みん経トピックス

星でヘコンシャスフェス星で「アルビ米」販売

シンガポールで「ワールド・ベリーダンス・デイ」 アラブがテーマ 

シンガポールで「ワールド・ベリーダンス・デイ」 アラブがテーマ 

「アラブカルチャー」をテーマとした「World Belly Dance Day Singapore」

写真を拡大 地図を拡大

シンガポールのThe Quay kitchen & Bar(86 Robertson Quay Singapore)で5月13日、家族で楽しめる「アート」としてベリーダンスを祝う「World Belly Dance Day Singapore」が開催される。

World Belly Dance Day Singapore

 今年で11年目を迎える同イベント。アラブ首長国連邦(UAE)ベリーダンス界巨匠Lydia Tziganeさんが創立したもので、毎年世界40カ国以上が同時開催する、世界最大のベリーダンス・チャリティイベント。

 Lydiaさんの弟子で、アラブ文化に精通したダンサーの舞スーリさんが、シンガポール代表として企画し、初の同国開催となった。

 テーマは、「アラブカルチャー」。ボランティアとして、プロダンサーや一流アーティストも多数参加する予定。見どころの一つは、シンガポールを代表するプロベリーダンサーAngelina Tayさんによるロマンチックなパフォーマンス。プロベリーダンサーGiselle Qiさんと生徒たち、日本人プロベリーダンサーSereen Nori Yasunoさんなどによるパフォーマンスも行われる。

 ダンスのほか、ロンドンやシンガポールなど、多くの国で活躍するローカルジュエリーデザイナーAriel Chenさんがアラブにインスパイアされたジュエリーのショーケースや、高級スリランカティーブランド「maiia」の創立者で、個別カウンセリング、テイスティングサービスを提供する藤井麻由さんによるショーケース、紅茶検定取得者・紅谷いづみさんによる「アラビアンでマジカルなティー・テイスティング」も行う。

 海外で活躍する日本人メイクアップ・アーティスト山本周貴(まわき)さんによる「キッズアラブ・メイクアップブース」も併設。「キッズシミーチャレンジ」に参加する子どもにはプレゼントが進呈される。

 イベント当日は募金も受け付け、「PAP Community Foundation」による、シンガポールで経済困窮家庭、障がいのあるこどもの教育資金サポートスキーム「PCFHeadstart Fund(HSF)」に寄付される。

 催時間は13時~15時30分。入場無料。

 

グローバルフォトニュース