天気予報

30

26

みん経トピックス

星で「ひとめぼれ」イベント星のレストランが刷新

シンガポールで絵本作家のコラボイベント 絵本の魅力を伝える

シンガポールで絵本作家のコラボイベント 絵本の魅力を伝える

で絵本作家の山田詩子さんとシンガポーリアンの絵本作家Lee Kow Fongさん

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールのLiang Court内「紀伊国屋書店」(177 River Valley Road, #03-50 Liang Court, 179036)で7月23日、絵本作家同士のトークイベント「MEET THE AUTHOR」が開催された。

 同イベントは、ティーテイスター、ティーインストラクターで絵本作家の山田詩子さんとシンガポーリアンの絵本作家Lee Kow Fongさんの対談で、両者は絵本についての思いをそれぞれ語った。

 紅茶の専門家である山田さんが、絵本作家としての活動も始めたのは2002年。幼いころから、教育熱心だった母の影響や(母の)知人に書籍編集者がいたなど、本に携わることが多い環境下で育ち、自他共に認める「大の本好き」となる。周囲からの勧めもあり、「息子に自分の絵本を読んであげたい」思いで、絵本作家デビューを果たし、今年で15年目。

 日本では(教育関連施設などで)講演活動も行っているが、海外でのイベントは今回が初めて。「知人が住むシンガポールに興味を持つようになり、調べてみると、(当地の)教育水準は高いが、子どもの感性を育てるような絵本が充実しているかは、ちょっとよく分からない(ところがある)かなあと・・・。これを機に、絵本の魅力を改めて知ってほしい」という思いで、イベント参加を決めた。

 講演では、絵本との出合い、選び方のポイント、お薦めの作品などについて話した他、観客から絵本創作などについての質疑応答も行われた。

 会場に展示された山田さんの作品を多くの来場者が本を手に取っていた。 山田さんは「死ぬまでに、心から満足のいく作品を(多く)書きたいと思う一方で、他の方の良作もどんどん広めていきたい。仕事柄、他の作家さんとの交流が多い。あまり知られていないユニークな作品などを見つけたり、面白いものを広く発信したりするのも得意なので、広める活動もしていきたい。もちろん、またシンガポールでも講演したい」と話した。

グローバルフォトニュース