天気予報

31

25

みん経トピックス

星でスイートコーンイベント星で食の祭典イベント

星セントーサで「ラーメンレボリューション」 3日で3万人来場

星セントーサで「ラーメンレボリューション」 3日で3万人来場

1位に輝いた「麺屋政宗」

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールのセントーサ島にある「リゾートワールドセントーサ」(8 Sentosa Gateway, Next to CASINO’s Entrance)内の「The Forum 」地下1階で7月28日~30日、「Ramen Revolution 2017」が行われた。

 和テンション(東京都渋谷区)のシンガポール系列会社 WAonが発行しているフリーマガジン「WAttention」「アニメ・フェスティバル・アジア」を主催するイベント会社 SOZO と手を組み、初めてシンガポールで開いた。

「歌志軒(かじけん)」「けいすけ ロブスターキング」「麺屋 桜」「ラーメンまる玉」など、シンガポールでローカルにも人気の約10のラーメン店がラーメンを10ドル(トッピングなどは別料金)で販売した。仙台の行列店「麺屋政宗」は同イベントのためだけに来星。ニューヨークのラーメンコンテストで 1 位になった「プレミアム塩ラーメン」(10ドル)も販売し、多くの客で行列ができていた。 ラーメンの他にも、ドリンクやスイーツのブースもあり、冷えたビールとラーメンを楽しむ客も多数見られた。

 来場者による人気投票も行い、最終日に最も支持が高かったラーメンを発表した。王者に輝いたのは「麺屋政宗」の「プレミアム塩ラーメン」。同店スタッフは「シンガポールは初めての出店。(当地は)豚骨が主流の中、塩ラーメンで勝負するのは心配だったが、多くの方に支持していただいて励みになった。ぜひ出店も検討したい」と意気込みを見せた。

 WAonの鈴木康子社長はイベントを振り返り、「3日間で3万人を超える人が来場した。常夏の当地、屋外で猛暑という状況下でも行列を作り、ローカルフードよりも高額なラーメンを食べるなんて日本では考えられない光景。この結果から、「ラーメン」のキーワードは当地で人気かつ集客力の源であるということが証明された」と笑顔を見せた。

 

グローバルフォトニュース