天気予報

31

25

みん経トピックス

星で「スペイン映画」フェス星でKAMPAIイベント

F1シンガポールグランプリ、波乱のレース展開に呆然とするファンの姿も

 シンガポールのシティホールやマリーナ地区など市内中心部周辺で「2017 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX」が9月15日~17日に開催された。

シンガポール市街地を走るナイトレース

 同グランプリは2017年F1世界選手権の第14戦で、シンガポールでは2008年にF1初のナイトレースとして開催され、今年で10周年を迎える。普段は人も車も通行量の多いシンガポール市街地を走るナイトレース。16日に予選、17日に決勝が行われ、ルイス・ハミルトンさん(メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ、ドイツ)が優勝した。

 決勝前に雨が降り、10年で初めてコンディションが悪い状況でスタート。レースはスタートから波乱で、予選1位で最前列のポールポジションを獲得したセバスチャン・ベッテルさん(スクーデリア・フェラーリ、イタリア)、予選2位のマックス・フェルスタッペンさん(レッドブル・レーシング、オーストリア)、2列目スタートの予選4位のキミ・ライコネンさん(フェラーリ)が1コーナー手前で接触した。フェルスタッペンさんとライコネンさんはその後もう一度クラッシュしリタイアし、ベッテルさんも単独でスピンしリタイアした。予選8位のフェルナンド・アロンソさん(マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1・チーム、イギリス)がスタート直後の3台の接触に巻き込まれ、マシンに大きなダメージを負ったため9週目にレースをリタイアし波乱のレース展開となった。

 上位者がリタイアしトップに立ったのは予選5位でスタートしたハミルトンさん。その後も差を縮められる場面もあったが首位をキープしレースをトップでチェッカーを受けた。2位には、ダニエル・リカルドさん(レッドブル)、3位にはバルテリ・ボッタスさん(メルセデス)が続き、表彰台に立った。

 レースの合間や終了後、さまざまなアーティストによるライブパフォーマンスがあり、15日=ワンリパブリック、16日=アリアナ・グランデさん、ザ・チェインスモーカーズ、17日=デュラン・デュラン、カルヴィン・ハリスさんなど、ナショナルギャラリー前のパダン広場に設置された広いアウトドアステージでパフォーマンスを行った。食べ物や飲み物がF1会場内に設置された店舗で販売され、パダン広場の芝生に寝転びながら大画面に映し出されるレースやアーティストのライブを子どもから大人までたくさんの観客が楽しんだ。

 F1観戦に来ていたシンガポール在住のヨーロッパ人男性は「毎年シンガポールグランプリを観戦しているが、今年のレースは本当に波乱のレースで、個人的にフェラーリチームのファンなのでとても残念な結果だったが、次のレースに期待したい。16日のアリアナ・グランデさんのような今が旬の有名アーティストのライブを非常に近くで聴くことができるのもシンガポールグランプリでの楽しみ」と話した。

 予選を含めて3日間で26万400人が観戦した。同グランプリはシンガポールでの開催が今年で最後になる可能性があったが、2021年まで4年延長された。

グローバルフォトニュース