天気予報

31

25

みん経トピックス

星でF1グランプリ星で国立博物館特別展

シンガポールで「KAMPAI」イベント 参加店オリジナルセットも

シンガポールで「KAMPAI」イベント 参加店オリジナルセットも

会場の一つ M social Hotelの「Beast & Butterflies」

写真を拡大 地図を拡大

シンガポールのさまざまな和食店で10月1日、「KAMPAI」のイベントが行われる。

「KAMPAI」2017

 日本では12種類の動物に例えられている十二支だが、本来は1年を表す月の記号。その10番目「酉(トリ)」は元来、つぼの形を表す象形文字で酒を意味するという。これにちなんで、日本酒造組合中央会が10月1日を「日本酒の日」としている。 

「日本の国酒である日本酒を後世に伝えるという思いを新たにし、一層の愛情と理解を深めてほしい」という願いを込めた同記念日に、日本全国をはじめ、シンガポール、ベトナム、台湾などで、同時刻に一斉に「KAMPAI」する。

 毎年、参加人数は2000人を超える同イベント、シンガポール島内でも、M social Hotelの「Beast & Butterflies 」、「Ryu`s」「Gyoza Bar」などの和食店を中心に約10店舗で開催を予定している。その一つGreat World Cityの「あみ網」では、こぼれ酒、枝豆、自家製サバしょうゆ干しの「乾杯セット」を21.8ドルで用意するなど、参加表明している各店で、乾杯用の準備をしているという。

昨年参加したシンガポーリアンの男性は「日本酒が大好きなので、みんなで乾杯できて、とても楽しかった。参加者は日本酒に詳しい人が多いので、自分が知らない日本酒の知識を増やせるのも魅力」と笑顔を見せる。 

「KAMPAI」の時間は(現地時間の)19時30分。

 

グローバルフォトニュース