天気予報

31

25

みん経トピックス

星でKAMPAIイベント星でゴスペラーズライブ

シンガポール国立博物館で戦争時代の特別展 日本語ガイドも

シンガポール国立博物館で戦争時代の特別展 日本語ガイドも

特別展「Witness to War: Remembering 1942 戦争の証人:1942年の記憶」
at the National Museum of the Singapore's exhibition during a media preview session on 12 Sep 2017
Photo: シンガポール経済新聞

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポール国立博物館(National Museum of Singapore, 93 Stamford Road)の地下1階で9月23日、特別展「Witness to War: Remembering 1942 戦争の証人:1942年の記憶」が始まった。

25-pounder field gun at the National Museum of the Singapore's Witness to War: Remembering 1942 exhibition during a media preview session on 12 Sep 2017 Photo: シンガポール経済新聞

 シンガポールの歴史を静観していたフォート・カニング・ヒルの麓にある同館は10月で130年を迎える。日本によるシンガポール陥落後75周年を迎え、平和への思いを込めシンガポール陥落を振り返る同展が行われ、日本やオーストラリアなどシンガポール以外の国の10の博物館より貸し出された130点を展示している。

 日本軍のシンガポール陥落について同館1階のSingapore History Galleryの昭南島コーナーで常設展示されているが、同展では、シンガポール陥落の事実だけでなく、第二次世界大戦時の世界情勢や東南アジアにおける日本軍の侵攻、シンガポール島内での抗日運動や日本人コミュニティー、戦争で生き残った人々のインタビューなど、同館で初めて展示するものもある。そのほか、来館した子どもにシンガポール陥落時の家での様子を体験し戦争について家族で考えるスペースも設けている。

 開館時間は10時~19時(18時30分最終入場)。入館料は、大人=18ドル、シニア(60歳以上)・学生=14ドルほか(6歳以下は無料)。月曜~金曜の11時30分からと土曜・日曜の11時30分からと14時30分から行われるミュージアムガイドグループによる英語ガイドツアーに加え、10月5日より火曜・木曜と第2・第4土曜の13時から、ミュージアム日本語ボランティアガイドグループによる日本語ガイドツアーを行う。(両ガイドツアー共に無料)。 2018年3月25日まで。

グローバルフォトニュース