天気予報

31

25

みん経トピックス

星でファミリーコンサート星でKANPAIイベント

シンガポールのレストランでコーヒーを使ったチャリティーイベント

シンガポールのレストランでコーヒーを使ったチャリティーイベント

チャリティーイベントを主催した「TOMOR TOKYO Coffee」代表の小林恵梨子さん

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールのレストラン「Pixy」(16 Mohamed Sultan Rd, Singapore 238965)で9月24日、コーヒー豆のデリバリー会社TOMOR TOKYO Coffeeがコーヒーを使ったチャリティーイベントを開いた。

TOMOR TOKYO Coffee

  シンガポール島内で、今月コーヒー豆の販売(配達)を始めたのを記念して、同イベントを企画した。通常、同社はドリップ用のコーヒー豆を扱うが、この日は特別に人気のブレンドを使ったハンドドリップのコーヒーを振る舞った。

 会場となった同レストランでは、コーヒーに合わせたスペシャルブランチメニューを提供。日曜開催とあって、さまざまな国籍の人々が子連れでも訪れ、約50人の参加者でにぎわった。参加者は席でゆっくりコーヒーを飲んだり、歩き回って参加者同士の国際交流を楽しんだりした。キッズコーナーでは子どもたちも、のびのびと楽しんでいた。

 当日のコーヒー代の合計160ドルが、シンガポールで女性の就業支援をするチャリティー「Dress for Success」に寄付される。

 参加者からは「まるでチョコレートみたいな甘い香りのコーヒーに驚いた」「普段はミルクを入れないと飲めないが、こちらのコーヒーは飲みやすかった」「よくある酸味のあるコーヒーとは全く別物」など、コーヒーの味を楽しむ声も上がった。

 TOMOR TOKYO Coffee代表の小林恵梨子さんは「弊社では、提携する日本のロースターから届く新鮮で香り高いコーヒーのみを届けている。ブランド名のTOMORには『(共に)明かりをともす』という意味が込められており、丁寧にコーヒーをいれて飲むひとときを届け、家族や友人との幸せな時間を過ごしていただきたいと願っている」と笑顔を見せる

グローバルフォトニュース