天気予報

32

26

みん経トピックス

星でKANPAIイベント星サンズに和風ラウンジ

シンガポールでファミリーコンサート 親子で楽しさ体感

シンガポールでファミリーコンサート 親子で楽しさ体感

出演者全員が登壇したフィナーレ

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールの日本人会館(120 Adam Rd, Singapore 289899)で10月8日、ファミリーコンサート「On-no(音脳)」が行われた。

 「音楽能を育てよう」をテーマに、本格クラシックやポップソングも取り入れた同コンサートは2016年にSJ50を記念して始まった。シンガポールと日本を結ぶプロジェクトJapanese Mums Meet Singaporeの 2年目のプロジェクトで、今年で2回目。

 シンガポールで活躍中のシンガー・ボイストレーナー・音脳リトミック講師のRyna(リーナ)さんをはじめ、日本から「音脳講師」6人が初来星して、音の専門家7人、在星の女性なども出演して、ピアノなどの楽器演奏や歌などを披露した。

 トップバッターは、在星女性5人組のゴスペルグループ「SPARKS FIVE」。互いに笑顔を見合わせながら、手をたたいたり、体を揺らしたりしながら、元気に「Oh happy day」を届けた。

リトミック講師による、綱引きやリレーなど運動会をイメージしたパフォーマンスの他、観客の親子を舞台に上げて、ステージ上で声出し、ジャンプ、駆け足、玉入れなど、声と体を生かして、観客にもさまざまな動きを体験させた。

 この他、講師によるピアノやハーモニカの演奏、Rynaさんがディズニー映画「モアナ」の主題歌「~How far I'll go~」を日本語と英語で伸びやかに歌い上げた。ラストの「Rasa Sayang」では客席の子どもたちもステージに参加し、ダンスや歌を楽しんだ。

 フィナーレでは、JMMS(Japanese JMums Meet Singapore)オーガナイザー代表としてイベント運営に携わったAlchemist Pte Ltdの青木康子さんも登壇し、出演者へのねぎらいや来場者への感謝を述べた。 

 母娘で参加していた女性は「自分はクラシック好きだが、子どもは飽きてしまうのでコンサートには連れて行けず、良い音楽を生で聴かせる機会が少ない。今回のコンサートは、子どもも好きな曲や参加型の企画もあり、一緒に楽しめて良かった」と笑顔を見せた。

グローバルフォトニュース