天気予報

30

26

みん経トピックス

星でファミリーコンサート星で日本茶コラボイベント

星マリーナベイサンズに和風ラウンジ お茶のショーやお土産も

星マリーナベイサンズに和風ラウンジ お茶のショーやお土産も

好みの紅茶にあわせて、スイーツやサンドイッチを楽しめる

写真を拡大 地図を拡大

 シンガポールのマリーナベイサンズ(10 Bayfront Avenue)の和風ラウンジ「RENKU」がリニューアルオープンして約2カ月になる。

 日本の俳句からインスパイアを受け「和」をテーマにした同店は、もともと併設のレストラン「RISE」のラウンジだったが、8月末、紅茶と食事を楽しめる新しいコンセプトのラウンジとしてリニューアルオープンした。

 白いテーブルとマーブル模様のじゅうたん、モスグリーンやベージュなど、落ち着いた色合いのソファシートを置いた店内では、約100人が隣を気にせずにゆったり利用できる。人気はハイティー。14時からと16時からの2部制で、各2時間ずつ利用できる。

 紅茶は、ティーマスターが選ぶヘリテージフレーバー「Nasi Lamek」「Mango Sticky Rice」を含む13種類を常時用意。好みの風味やデトックス、アンチエイジング、リフレッシュなど目的別で選ぶことも可能。ホテル内のハーブガーデンから摘んだ新鮮なハーブや花を使ってオリジナルのティーをつくることもできる。

 中でも、チリが入った「Nasi Lamek」はローカルや珍しい紅茶を飲みたいという観光客からも人気だという。通常、ハイティーでは味わえる紅茶の種類が限定されることも多いが、同店では2時間以内なら何度でも違う紅茶に変えられるのも特徴。

 ハイティーでは、紅茶に合わせて4種類のサンドイッチやプチケーキ、マカロン、フルーツをかたどったミニの餅などのスイーツをサーブする。シェフお薦めのスコーンはサクサクの生地に、クロテッドクリーム、オレンジバター、イチゴ、オレンジジャムが添えられるため、好みで、いろいろな味を楽しめる。

 このほか、カンフーをイメージした動きで、お茶をカップに注ぐパフォーマンスを行ったり、お土産にミニ紅茶を進呈したりするなど、趣向をこらしたサービスを提供する。

 24時間営業。ハイティーは14時、16時からのみ。料金は、平日=48ドル、週末=53ドル。

グローバルフォトニュース