食べる 暮らす・働く

シンガポールの会員制倶楽部「ストレーツ・クラン」設立イベント

ストレーツ・クラン Straits Clan

ストレーツ・クラン Straits Clan

  •  

 シンガポールの会員制クラブ「ストレーツ・クラン」(31-37 Bukit Pasoh Road)で5月31日にオープニングパーティーが開かれた。

 シンガポールの昨年閉館したニューマジェスティックホテル跡地にデザインスタジオTakenouchi Webbによって4階建て、2万2000平方フィート(約2000平方メートル)に改築され5月3日にオープンした同クラブ。

[広告]

 コンセプトの構想と設立に動いたのは3人のシンガポール人起業家、Wee Teng Wenさん、Aun Kohさん、Sally Simさん。起業家、クリエーター、ソーシャルアントレプレナーと呼ばれる社会起業家など若い年齢層の人が意見交換や社交する空間を提供するクラブとして、アジアで初めて設立された。会員費用はスタンダード会員で入会金4,500ドル、月額198ドル。現在の会員割合はシンガポール人約60%、外国人40%で会員の約20%が海外に居住している。

会員は1階奥にあるラウンジのほかに2階以上にあるバー、パーティー・ラウンジ、読書ラウンジ、ブティックジム、のほかにスパも使用できる。非会員であっても1階のクラン・カフェ(10時~22時、日曜定休)は利用でき、明るく開放的な雰囲気の中、健康に配慮されたモダンアジアン料理や飲み物などこだわりのメニューを頼むことができる。

 オープニングパーティーでは、シャンパンやワインやビールなどのドリンクと牛肉やマグロを使ったフィンガーフード、ミニスイーツなどが振る舞われ、パーティー参加者はグラス片手に同クラブの新しい門出を祝った。

 参加者のシンガポール人の40代男性は「以前あったニューマジェスティックホテルがこのような建物に変わると思いもしなかった。シンガポールでは『タングリンクラブ』を始め敷居の高いクラブがあるが、若い人々が中心となって情報交換や交流できる場が増えることはビジネスチャンスにもつながるのでとても貴重だと思う」と笑顔で話した。