食べる

シンガポールで「鹿児島フェア」 生産量日本一の鹿児島らしい特産品も

鹿児島県の桜島

鹿児島県の桜島

  •  

 シンガポールにあるFish Mart SAKURAYAのWest Coast Plaza店、Parkway Parade店、Anchorpoint店の3店舗で6月28日、「鹿児島フェア」が始まった。

鹿児島県のPRキャラクター「ぐりぶー」

 鹿児島県は黒潮がもたらす独特な風土によって、食品の黒牛、黒豚、黒さつま鶏、黒酢、黒マグロ、陶器の黒薩摩焼など「黒」が付くさまざまな特産品がある。同県は現在では貴重な本クズの生産量日本一、豚と黒毛和牛の飼養頭数日本一、ブリ、カンパチ、クロマグロ、ウナギの養殖やかつお節の生産量日本一を誇る。

[広告]

同フェアでは、エビ、イカなどを使ったさつま揚げ、紫芋そうめんや芋かりんとう、カツオスライス、くず餅、リンゴ黒酢をはじめ、白波、黒白波、神の河などの本格焼酎、スパークリング焼酎などさまざまな県産品を用意する。

 ダイニングでは、「芋芋うどん」「鶏飯(けいはん)」「チーズさつま揚げ」「鰻玉子寿司」「おでんさつま揚げ」「ほたてソラマメかき揚げ」「鰻鶏丼」などを提供する。

 West Coast Plaza店とAnchorpoint店内会場には、同県のPRキャラクター「ぐりぶー」が「甲冑(かっちゅう)武者」とともに同フェアの応援に駆け付け(30日12時~12時30分と17時30分~18時、7月1日12時~12時30分と14時~14時30分)、シンガポールのマスコットキャラクター「ルビーちゃん」も一緒に来場者と記念写真撮影を行う(7月1日のみ)。

 「ぐりぶー」は2011年に開催された第28回全国都市緑化かごしまフェア「花かごしま2011」がきっかけで誕生し、そのため体が緑色、鹿児島名産の黒豚と太い眉は郷土の偉人、西郷隆盛を表している。「甲冑武者」の甲冑は同県指定伝統的工芸品で、同県薩摩川内市にある丸武産業が日本国内の甲冑生産の9割以上を占めており甲冑武者は丸武産業が製造した本物の甲冑を着用している。

 7月21日にWest Coast Plaza店のみで「鹿児島観光セミナー」(14時~)と「焼酎セミナー」(15時~)を行う。「鹿児島セミナー」では同県の観光などについて全般的に紹介、景品付きクイズや抽選会を実施し、全来場者には土産が配布される。「焼酎セミナー」では薩摩酒造の主催で同県を代表する本格焼酎の紹介、おつまみ提供、試飲、景品付きじゃんけん大会を行う。両セミナー共に英語で行われ、定員30名(「焼酎セミナー」のみ参加費10ドル)。

 かごしまPR課悦田克己課長は「鹿児島県は和食の基本である『だし』の原料となるかつお節や茶、焼酎、黒酢、さつま揚げなど世界に誇れる食品が数多くある。今回のフェアでも多くの県産品を取りそろえている」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時30分~22時(ダイニングは11時~)。7月31日まで(セミナー申込受付期限は「鹿児島セミナー」は申込専用ページで14日まで、「焼酎セミナー」はSAKURAYA店舗で18日まで)。