食べる

千葉県物産展 森田県知事も地元食材をアピール

冒頭で挨拶する森田千葉県知事

冒頭で挨拶する森田千葉県知事

  •  
  •  

 シンガポールのノボテルクラーク・キーホテル(177A River Valley Rd, Singapore 179031)で11月16日に県産農水産物の魅力をPRする試食商談会が行われた。

 森田健作千葉県知事も出席し、冒頭で「千葉県おいしい農水産物を紹介したくて、生産者の方と一緒に来た。実際に食べてもらえば、おいしいと感じてもらえると思う」と物産品について自らアピールした。

[広告]

 試食商談会には大手百貨店、スーパーやレストランなどの食材関係者ら約50人が参加した。試食会では、キンメダイの刺し身、ハマグリ、キャベツなど県産品を使った料理や郷土料理「太巻きずし」、サツマイモをはじめとする野菜類、落花生、サバのみぞれ煮などが振る舞われた。

 現地の食品商社との会談では県産品の質の高さやレベルを強調したうえで、新規取引や取扱量の拡大なども要望した。参加企業の男性の一人は「とても有意義な話ができた。取引をさらに増やしたい」と話していた。

 

  • はてなブックマークに追加